体重計の正しい捨て方とは? 処分方法の種類と注意点について知りたい!


「体重計」を毎日利用する人も多いでしょう。
毎日使えば使うほど壊れる可能性が高くなりますし、すでに壊れてしまった体重計をそのままにしていませんか?
体重計を処分したくても、捨て方がわからない人は要チェックです。
体重計の捨て方について詳しく説明します。
自治体で捨てるのなら粗大ごみになるのか、それとも不燃ごみなのか、きちんと調べてから処分しましょう。

目次

  1. 体重計の処分方法
  2. 処分の手順について
  3. 処分する際の注意点
  4. まとめ

1.体重計の処分方法

体重計の処分方法について悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
適切な方法で処分しなければ、不法投棄としてみなされるため注意しなければなりません。
正しい体重計の処分方法を知り、スムーズに処分しましょう。

1-1.自治体で捨てる場合、何ごみになるの?

体重計を捨てる場合、自治体のごみとして捨てる人がほとんどです。
しかし、いったい体重計は何ごみに分類されるのか、疑問に思う人もいるでしょう。
自治体のごみとして体重計を捨てる際、気をつけなければならないのが“自治体によってごみの分類が異なる”ということです。
例えば、ある区では「不燃ごみ」になっていても、違う区では「可燃ごみ」に分類されています。
このように、自治体によってどのようなごみになるのか異なるため、処分する前にホームページ等をみて、必ず確認してください。
さまざまな地域をチェックしたところ、30cm×30cm以内の家電製品は「不燃ごみ」に分類されているところが多いようです。
決められたサイズよりも大きい体重計は、ほとんどが粗大ごみになるでしょう。
不燃ごみや可燃ごみは、ごみ捨て場に捨てればよいですが、粗大ごみは指定された場所にもっていかなければなりません。
手順も自治体によって異なるので注意してください。

1-2.不用品回収業者を利用する

今すぐ捨てたい、早く処分したい人にオススメの処分方法が“不用品回収業者”を利用することです。
不用品回収業者は電話1本でかけつけてくれますし、スピーディーに処分してくれるでしょう。
引越しの際に体重計以外にも、処分したいものがたくさんあれば、不用品回収業者を利用して一度で処分できます。ケースバイケースで、非常に大きな助けになる業者ではないでしょうか。
不用品回収業者を利用する際、ほとんどの不用品回収業者が自宅までやってきてくれるので安心です。
手順は、また後ほど詳しく説明します。
もし、業者がまだ使えそうな体重計だと判断すれば、そのまま買い取ってくれる可能性もあるでしょう。
処分するのではなく、買い取ってくれたらお金も得られるので一石二鳥です。
ぜひ、無料見積もりを依頼してみてはいかがでしょうか。

1-3.リサイクルショップを利用する

体重計を処分する際、リサイクルショップを利用するのもひとつの方法です。
まだ使えそうな体重計であればリサイクルショップで売れるかもしれません。
処分するより、売れるものはすべて売った方が効率的です。
体重計が処分できるだけでなく、売ったお金も得られるのでオススメです。
使えそうな体重計をもっている人は、捨てることだけ考えず、「売る」方法も選択肢のひとつに入れておくとよいですよ。
リサイクルショップもたくさんのお店があるので、どこが1番高く売れるのか無料見積もりを利用し、複数のお店を比較するとよいでしょう。

2.処分の手順について

2-1.自治体のごみとして捨てる場合

体重計の捨て方について説明しましたが、次は、処分の手順について説明します。
どのような手順を踏んで捨てればよいのかわからない人はぜひチェックしてください。
体重計を自治体のごみとして捨てる場合、自治体のルールによって異なりますが、ほとんどの地域ではだいたい一緒です。
例えば、不燃ごみや可燃ごみに指定されている地域では、指定の袋の中に体重計を入れ、ごみ捨て場に置いておけば回収してくれるでしょう。
ここで問題なのが「粗大ごみ」になる地域です。
粗大ごみとして捨てる場合は、自治体のホームページであらかじめ申し込みをするか、または地元の商店やスーパーで販売されているシールを購入し、そのシールを貼ってから指定場所にもっていく方法になります。
体重計を指定場所までもっていけない人は、自治体に連絡し、取りに来てもらいましょう。
自分が住んでいる地域では、どのような手順・ルールになっているのか必ずチェックしてくださいね。

2-2.不用品回収業者を利用する場合

体重計の処分に不用品回収業者を利用する場合、無料見積もりの申し込みから始まります。
業者のホームページを開くと、無料見積もり申し込みページがあります。
そこに名前・住所・電話番号・回収希望する品目を入力し、送信すれば、無料見積もりの結果の返信がくるでしょう。
見積もりに納得がいけば、そのまま予約申し込みに進みます。
回収日の予約を行い、申し込んだ日時に業者がやってきて回収してくれるでしょう。その際に、再び見積もりの確認をし、作業に入ります。
作業が終われば、費用を支払って完了です。
作業に入るとキャンセルはできないので気をつけてください。
もし、不安・疑問点があれば申し込みの際に、気軽に尋ねましょう。

3.処分する際の注意点

3-1.見積もりが正しいかどうか

不用品回収業者を利用して体重計を処分する際、見積もりが正しいかどうか必ず確認してください。
悪質業者とのトラブルが続出しており、高い回収費用を請求させられた、追加料金があるとお金を奪い取られたなど、さまざな苦情が消費者センターにたくさん寄せられています。
悪質業者に引っかからないためにも、見積書の確認は大切なことです。
基本的に、不用品回収業者は1度の回収に「回収料金」が発生します。
品目や大きさによって変わってくるため、注意しなければなりません。
例えば、ノートブックパソコンは1,000円~、1人掛けソファーはおよそ3,000円~となっています。
複数の業者の回収費用を比較し、もっとも安い業者を利用するのもひとつの方法です。

3-2.捨てられない体重計もある

一般的な体重計とは違い、病院のような医療施設で使われていた体重計はそのまま普通に捨ててはいけません。
病院でついた菌やウイルスが感染する恐れがあり、衛生的に正しい方法で捨てなければならないでしょう。
病院内で処分するか、または専門の業者に処分を依頼するか、どちらかの方法になります。
自治体のごみとして捨てられない体重計もあるので気をつけてください。

4.まとめ

体重計の正しい処分方法、手順、注意点について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
きちんと正しい方法で捨てなければ環境汚染になってしまうので注意してください。
体重計をスムーズに処分するために、必要な基礎知識を身につけましょう。
では最後に、今までのことをおさらいします。もう一度確認してください。

  • 自治体によってごみの分類が変わる
  • ほとんどは「不燃ごみ」
  • 不用品回収業者を利用する
  • リサイクルショップを利用する
  • 自治体によって手順・ルールが違う
  • 無料見積もりを依頼してから申し込みをする
  • 見積もりが正しいかどうか確認する
  • さまざまな業者を比較する
  • 医療施設で使われた体重計は捨てられない

体重計の種類によって、自治体で捨てられないものもあるので注意してください。
体重計の処分で困っている人は、以上のポイントをチェックして自分に合った方法で正しく処分しましょう。