電子レンジを処分するにはどうするの? 廃棄以外の方法を知ろう


故障や買い替えで不要になった電子レンジはどのように処分したらいいのでしょうか。
電子レンジは家電リサイクル法の対象外ではありますが、実は平成25年に制定された「小型家電リサイクル法」の対象に含まれる地域もあるようです。
何かと処分方法に悩むことの多い家電ですが、正しい方法やお得な手段を知ってスムーズに処分したいもの。
今回は「電子レンジの捨て方を知りたい」「廃棄するしか方法はないのか」という人のために、その処分方法についてご紹介したいと思います。

目次

  1. 電子レンジは何ごみになるのか
  2. 電子レンジを処分する方法
  3. 買取に出すという手段もある
  4. 買取業者を利用する際の注意点
  5. まとめ

1.電子レンジは何ごみになるのか

電子レンジを廃棄するとなると、まず「何ごみなのか?」という疑問が出てきます。
電子レンジは粗大ごみとして指定されている自治体がほとんどのようです。
粗大ごみとして捨てる場合は事前に粗大ごみシールを購入して、指定された日時に回収場所まで持っていく必要があります。
少々手間がかかるので「不燃ごみで出してしまおう」という人も多いようですが、自治体のルールに従わなければごみとして回収されませんので注意が必要です。
もちろん自治体によって粗大ごみ以外の種類に分類されている場合もありますので、必ず問い合わせて確認しておくようにしましょう。

2.電子レンジを処分する方法

電子レンジを処分するには「捨てる」という方法しかないわけではありません。
特にまだ使える状態の電子レンジであればお得に処分できる可能性もありますので、ぜひチェックしてみてください。

新規購入したお店に処分を依頼する

買い替えで不要になった電子レンジは、新しく購入したお店に依頼することで処分してもらえる場合もあります。
新しい電子レンジが手に入るのと同時に古いものを処分できるので、もっとも手っ取り早い方法ですよね。
ただし前述したとおり電子レンジは家電リサイクル法の対象外なので、家電量販店に引き取りの義務はありません。
処分してもらえるかどうか、あらかじめ確認しておきましょう。

リサイクルショップに売る

故障していなくまだ使える状態の電子レンジなら、リサイクルショップに売るという手もあります。
電子レンジのような家電製品を買い取ってくれるリサイクルショップはたくさんありますので、近所にないかチェックしてみるとよいでしょう。
ただし、壊れていたり状態が悪いと買い取ってもらえません。
あらかじめ電話で問い合わせて状態を説明し、買取の可能性があるか確認しておくことをおすすめします。

民間の不要品回収業者に引き取ってもらう

一般家庭から生じた不要品を引き取ってくれる回収業者も存在しています。
不要品回収業者の良いところは、まだ使える電子レンジでもそうでなくても回収してもらえるという点です。
また、どんな種類の不要品でもたいていのものは回収可能なので、一度に不要品を処分するチャンスではないでしょうか。
格安で不要品の回収を行っている業者もたくさんありますので、ぜひインターネットなどで探してみてください。
手間をかけて廃棄するよりも、ずっと楽に電子レンジを手放すことが可能ですよ。

3.買取に出すという手段もある

特に壊れていなく状態も悪くない電子レンジなら、捨ててしまうにはもったいないですよね。
できるだけお得に処分する方法として、買取業者に依頼する方法についてまとめてみました。
最近は不要品回収業者の中にも買取サービスを同時におこなっている業者がありますので、探してみるといいでしょう。

店頭買取

近くにお店がある場合は、店頭に直接持ち込んで買取してもらいましょう。
その場で査定して現金化できるので「すぐに処分したい」「現金がほしい」という時は店頭買取がおすすめです。
査定するスタッフと直接会って話ができるので、安心感があります。

出張買取

電子レンジは小型家電ですが、一人で持ち運ぶには重くて大変です。
「近くにお店がない」「車がないので運べない」という人には、出張買取が便利でしょう。
電子レンジ以外に処分したいものが大量にある場合もぜひ利用してみてください。
こちらの指定した日時に自宅まで引き取りにきてもらえるので、引っ越し前などで忙しい時でも大変便利です。

宅配買取

全国どこからでも送るだけで買取してもらえる宅配買取は、査定の待ち時間が不要なので人気があります。
似たような方法としてネットオークションがありますが、落札者からクレームが発生するなどトラブルが多いのも特徴です。
また、入金まで長い時間待たされることもありますが、宅配買取だとそのようなトラブルが少ないのも大きなメリット。
申し込み時に依頼すれば、発送に必要な段ボールなどを無料で送ってもらえる場合もあるようです。
売る前に無料査定してもらえる可能性もありますので、ぜひ試してみてください。

4.買取業者を利用する際の注意点

最後に、買取業者を利用する際の注意点をいくつかご紹介します。

まとめて買取を依頼する

特に出張買取を利用する場合は、業者によっては「○点以上から承ります」という条件があることも。
そうでなくても買取業者に依頼する時は、複数の不要品を一度に査定してもらった方が高額で買い取ってもらえる可能性があります。
電子レンジの他にも買い取ってもらいたいものはないか、家の中をチェックしてみてください。
一気にいらないものが処分できて、さらに高く買い取ってもらえるならかなりお得ですよね。

できるだけきれいな状態にしておく

買取業者にいくらで買い取ってもらえるかは、その業者の基準によります。
査定額を少しでもアップさせるために、できるだけ新品の状態に近づけておくようにしましょう。
中古品とはいえ、汚れがひどかったり匂いがあるものは需要がなく、高く買い取ってもらえません。
よく磨いて落とせるだけの汚れは落としておくようにしてください。
また、付属品や説明書、箱などがそろっていると高額査定がつきやすくなります。
当日までにそろえておきましょう。

買取業者選びは慎重に行う

不要品の回収や買取を行っている業者の中には、料金の不正をしたり回収した不要品を不法投棄するような悪質な業者も存在しています。
業者を選ぶ際には以下のことを注意して、慎重に決めるようにしてください。

  • 必ず見積もりを出してもらって細かく確認
  • スピーディーで丁寧な対応をしてくれるかチェック
  • インターネットの口コミや評判を参考にする
  • サービス内容はどのようになっているか調べておく

また、買取業者を探す時は必ず複数の業者に見積もりを依頼して、比較してから選ぶことをおすすめします。
そうすることで売ろうとしている電子レンジの相場が分かるので、損せず処分できるはずです。

5.まとめ

電子レンジの処分についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

  • 電子レンジは何ごみになるのか
  • 電子レンジを処分する方法
  • 買取に出すという手段もある
  • 買取業者を利用する際の注意点

「不要になった電子レンジの処分に困っている」「処分方法を知りたい」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。