ノートパソコンを処分するには? 安全のために確認しておきたいこと


ノートパソコンを何も考えずに処分してはいけません。大切なデータがたくさん詰まっているノートパソコンは、捨て方に気をつけないとトラブルを引き起こす可能性があるからです。ここでは、ノートパソコンの正しい処分方法についてご紹介します。

目次

  1. ノートパソコンを処分する際に気をつけること
  2. ノートパソコンの捨て方
  3. ノートパソコンを処分する前に確認しておくこと
  4. ノートパソコンを処分する際の注意点

1.ノートパソコンを処分する際に気をつけること

1-1.ハードディスクに要注意

パソコンには、さまざまな情報が保存されているハードディスクがあります。自分の個人情報だけでなく、友人や知人などのメールアドレスや連絡先など外部に漏らしてはいけない情報がたくさん詰まっているのです。ネットで買い物をした経験があれば、クレジットカードの情報も残されているでしょう。ノートパソコンを処分する際には、このハードディスクをそのままにして捨ててはいけません。

1-2.個人情報を完全に消去すること

ハードディスクに個人情報を残したまま処分すると、悪用される危険があります。被害を受けるのは自分だけではありません。家族や友人のほか、会社や取引先にまで迷惑をかけることになるでしょう。特に、仕事で使用していたノートパソコンには社外秘の情報や顧客データが記録されている可能性があります。
このようなデータを完全に消去してから、処分してください。データを画面にあるゴミ箱に入れるだけでは消去したとはいえません。専用のソフトを使ってハードディスクから削除しなければならないのです。
二度と復元できなくするために、ハードディスクを破損する方法もあります。このように壊してしまうのが一番確実でしょう。

1-3.ノートパソコンは自治体で回収できない

ノートパソコンは、PCリサイクル法により自治会が回収するゴミ捨て場に捨てられません。どんなに小さくても、壊れて作動しないものでも同様です。知らずにゴミ捨て場に捨てた場合でも、不法投棄となるので気をつけてください。

2.ノートパソコンの捨て方

2-1.メーカーに処分を依頼する

メーカーに連絡をすると、引き取ってリサイクルしてくれます。ホームページにパソコンの処分に関する情報が掲載されているはずですから、チェックしてみましょう。無料で処分してくれる場合もありますが、数千円の費用がかかることが多いようです。

2-2.家電量販店に回収してもらう

ノートパソコンを買い替えるときに、家電量販店で古いものを回収してもらえることがあります。店によっては、このようなサービスを行っていないところもあるので事前に確認しておきましょう。

2-3.業者を利用する

ハードディスクを破壊してくれる業者もあります。ノートパソコンを持っていって、目の前で破壊してもらうと確実でしょう。持ち込めない場合でも、破壊した証拠として写真をくれるところもあるようです。
また、不用品回収業者にノートパソコンを回収してもらうという方法もあります。不用品回収業者とは家庭で不要になったものを回収してくれる業者で、依頼するとすぐに引き取りにきてくれるところがほとんどです。回収だけでなく、買い取りをしてくれる業者もあります。

3.ノートパソコンを処分する前に確認しておくこと

3-1.データの削除

最初にお伝えしたように、データは確実に削除しておかなければなりません。画面にあるゴミ箱に入れて削除したつもりになっていても、簡単にデータを復旧できてしまいます。データを消去する専用のソフトを使ってください。ノートパソコンを購入したときに付属していることがあります。もしくは、メーカーのホームページでダウンロードできるようになっているでしょう。ほかにも、データを削除するソフトはたくさんあるので探してみてください。

3-2.ハードディスクは破壊するのが一番

ノートパソコンが壊れているからデータを抜き出すことはできないだろう、などと考えてはいけません。パソコン自体が動かなくても、ハードディスクにはしっかりと情報が残っています。水に濡れて壊れたパソコンでも、データを復旧する方法は開発されているので注意してください。
一番確実なのは、ハードディスクを破壊することです。ハードディスクを取り出してハンマーなどでたたき壊せば、データを復旧することは不可能になります。

3-3.業者にデータ消去を依頼する方法もある

パソコンに関する知識があまりないと、ハードディスクがどこにあるのかも分からないでしょう。そのような場合には、業者にお任せせするのがおすすめです。ノートパソコンのデータを消去してくれる業者もあります。不用品回収業者のなかには、データを消去したうえでノートパソコンを回収してくれるところもあるようです。
ただし、他人にデータ削除を任せるわけですから、どのような方法により削除するのかは事前にきちんと確かめたほうがよいでしょう。また、確実に削除したという証明をもらえるとベストです。

4.ノートパソコンを処分する際の注意点

4-1.PCリサイクルマークについて理解しておく

ノートパソコンを処分する前に、PCリサイクルの方法について理解しておくことをおすすめします。「一般社団法人パソコン3R推進協会」のホームページを開くと詳しい説明が記載されていますから、目を通してみるとよいでしょう。また、各メーカーの公式サイトで直接確認してください。
PCリサイクルマークのあるノートパソコンは無料で回収してもらえます。指定された方法でノートパソコンを送るだけなので、ご自分のノートパソコンが対象であるか確認しておくとよいでしょう。

4-2.ハードディスクを取り出すのは難しい

ハードディスクを破壊するのがデータ消去には確実であるとお伝えしています。しかし、誰でも簡単にハードディスクを取り出せるわけではありません。ノートパソコンのフタをひとつ外すだけでハードディスクが取り出せるものがほとんどですが、分解する必要のあるタイプもあります。
ノートパソコンは分解してしまうと、メーカーや業者で回収してくれない恐れがあるので気をつけましょう。また、無理に分解したりこじ開けたりするとけがをする危険があります。ハードディスクを取り出す際には、このような点に注意してください。

4-3.機種によってハードディスクが格納されている場所が異なる

簡単にハードディスクを取り出せる場合でも、ノートパソコンの機種によってハードディスクが格納されている場所が違うということを覚えておきましょう。側面にハードディスクが格納されていてねじを2か所外せばスライドして取り出せるタイプや、裏面のねじを1か所外してフタを外すタイプもあります。ほかにも、バームレストと呼ばれる、キーボードを打つ際に手を置く場所にハードディスクが格納されているタイプもあるようです。裏面のねじを数か所外せばバームレストが開くと思います。この場合でも簡単に取り出せるでしょう。ちょっと難しいのは、キーボードの下にハードディスクが格納されている場合です。キーボード以外の部分も外す必要があるので、少し手間がかかるでしょう。
このように、ノートパソコンによってハードディスクの格納場所が異なることを知っておかなければなりません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。重要なデータが残っている可能性のあるノートパソコンを処分する際には、次の点に気をつけましょう。

  • ハードディスクをそのままにして捨ててはいけない
  • 個人情報を完全に消去する
  • ノートパソコンは自治体で回収できない
  • データを消去する専用のソフトを使う
  • ハードディスクは破壊するのが一番
  • ハードディスクを取り出すのは意外と難しい

無理をして自分でデータを消去しようと思わずに、業者に依頼する方法を検討することをおすすめします。ノートパソコンの処分は安全に行いましょう。