引越しで出た粗大ごみの処分方法とは? 事前準備と業者に依頼する際の注意点


粗大ごみ、不用品がたくさん出る「引越し」。
引越しで出た粗大ごみを処分したいけれど、方法がわからない人も多いのではないでしょうか。引越しの準備で忙しいのに、不用品も処分しなければならない…と慌ててしまいます。
引越しの作業にも支障が出るでしょう。
スムーズに引越しをするためにも、事前に、粗大ごみや不用品の処分方法を把握してください。引越しで出た粗大ごみの処分方法や事前準備、業者に依頼する際に注意することについて説明します。

目次

  1. 引越しで出た粗大ごみの処分方法
  2. 知っておきたい事前準備
  3. 業者に依頼する際に注意すること
  4. まとめ

1.引越しで出た粗大ごみの処分方法

引越しで出る粗大ごみは、さまざまな種類があるでしょう。
家電や家具などが、主な粗大ごみになります。処分方法に困ってしまいますが、適切な方法はあるのです。
引越しで出た粗大ごみの処分方法を3つ紹介しましょう。

1-1.リサイクルショップ・買い取り業者に依頼する

引越しで出た粗大ごみがまだ使えそうな場合、リサイクルショップ・買い取り業者に依頼してください。
あなたがごみだと思っていても、ほかの人から見たら価値があるものになる可能性があります。価値があれば、買い取ってくれるので処分するよりもお得です。
リサイクルショップや買い取り業者によって、買い取り価格や買い取ってもらえるものは異なるので、注意してください。
また、できるだけ高く売るためにも、持ち込んだ方が良いでしょう。
宅配や出張買い取りもありますが、持ち込んだ方がスピーディーに処分できますし、買い取り価格があがる可能性もあります。
壊れている不用品は買い取ってもらえませんが、まだ使えそうなものなら、ぜひ売ってくださいね。

1-2.自治体の粗大ごみとして捨てる

引越しで出た粗大ごみは、自治体のごみとして捨てることもできます。
しかし、あまりに不用品や粗大ごみの数が多いと近所迷惑になってしまうのでオススメできません。
粗大ごみの数が少ない場合に、自治体を利用してください。
自治体の粗大ごみとして捨てる場合は、地元のコンビニやスーパー、商店で粗大ごみシールを購入しなければなりません。
粗大ごみシールを購入し、捨てたい不用品に貼り付けてください。
そして、自治体が指定した回収場所に持っていきます。
冷蔵庫や洗濯機など、回収場所にまで持っていけない場合は、自治体が自宅にまで回収しにきてくれる場合もあるので安心してください。
その際は、ぜひ問い合わせてみましょう。

1-3.不用品回収業者を利用する

粗大ごみ、不用品が大量にある場合、不用品回収業者の利用をオススメします。
不用品回収業者は、電話1本ですぐにかけつけてくれるでしょう。
そして、一気にすべての不用品を回収してくれます。
引越しでバタバタしているときは、処分する時間がなかなか取れないものです。
しかし、不用品回収業者を利用すれば、すぐに処分でき、自宅にまで業者がやってきてくれるので、自分からお店に行く必要がありません。
引越し当日に出た粗大ごみでも、すぐに処分できるでしょう。
不用品回収業者を利用する場合、費用がかかるため、依頼する前に必ずチェックしてください。後ほど、業者に依頼する際の注意点について説明します。

2.知っておきたい事前準備

2-1.少しずつ片付けることが大切

引越しに出る不用品、粗大ごみを処分するには、事前準備が大切です。
事前準備をきちんとしておかなければ、引越し当日でバタバタしてしまいます。
自治体のごみとして捨てるなら、粗大ごみの回収日を確認しなければなりません。
粗大ごみの回収日は、自治体によって異なります。
2週間に1回や1ヶ月に1回など変わるので、自分が住んでいる地域ではいつが回収日になっているのか、確認しておきましょう。
そして、一気に片付けようとせずに少しずつ粗大ごみを処分することも大切です。
使えそうなものと壊れているものに分類し、使えそうなものはリサイクルショップや買い取り業者で売ってください。
そして、壊れているものはほかの方法で処分しましょう。
引越しを決めた日から、少しずつ不要なものを処分してくださいね。

2-2.回収できない・回収できるものを把握する

自治体によって回収できない・回収できるものがあります。
事前にしっかり確認しておかなければ、引越し当日に慌ててしまうでしょう。
自治体によって異なるため、ホームページなどを見てしっかり確認してくださいね。
また、リサイクルショップや買い取り業者によっても、買い取りができるものは異なります。
あるお店では買い取ってくれなかったのに、違うお店では買い取ってもらえたというケースも多いのです。
なんとかして粗大ごみを売りたい人は、引越し前にさまざまなリサイクルショップを利用しましょう。
余裕があればあるほど、1番価格が高くつくリサイクルショップ・買い取り業者を選ぶことができます。
もし、間に合わない場合は、不用品回収業者を利用してください。

3.業者に依頼する際に注意すること

3-1.「見積書」を確認する

業者に、不用品・粗大ごみの回収をお願いする場合、「見積書」を必ず確認しましょう。
「見積書」には回収・運搬費用など、さまざまな内訳が載っています。
業者の中には、見積書に書いていなかった追加料金を、利用した後で請求する悪徳業者もいるのです。
実際に、業者とのトラブルで消費者センターに相談する人が増えてきました。
消費者センターも、業者とのトラブルに注意を促しているほどです。
そのため、見積書は必ず確認しなくてはいけません。
もし、不備な点があれば、業者に確認しましょう。その際、きちんと丁寧に説明してくれる業者なら、安心して依頼できます。
しかし、適当に受け流す、説明してくれない業者は不安です。
悪徳業者の可能性が高いので、注意してくださいね。
無料見積もりが依頼できるようになっているので、依頼する前に利用しましょう。

3-2.複数の業者を比較する

たとえ、知人や友人に紹介された業者だとしても、自分の目で確かめることが大切です。
悪徳業者と優良業者を見極めるためにも、複数の業者を比較してください。
ひとつだけの業者に絞る前に、複数の業者を比較し、自分に合った業者を選ぶことが大切です。
見積書はもちろんのこと、サービス内容や対応の良さなど、さまざまな項目を比較すると良いでしょう。
また、インターネットで口コミや評判をチェックすることも大切です。
実際に利用した人の感想が、口コミや評判に載っています。
何よりも有力な情報源になるので、ぜひチェックしてくださいね。
不評になっている業者へは依頼しないように注意しましょう。

4.まとめ

引越しで出る粗大ごみの処分方法、知っておきたい事前準備、業者に依頼する際に注意することについて説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
引越しは何かと、バタバタしてしまいます。
スムーズに引越しを進めるためにも、時間に余裕をもって不用品を処分することが大切です。

  • リサイクルショップ、買い取り業者に依頼する
  • 自治体のごみとして捨てる
  • 不用品回収業者に依頼する
  • 少しずつ片付ける
  • 回収できない、できるものを把握する
  • 「見積書」を確認する
  • 複数の業者を比較する

以上のポイントは、ぜひ踏まえておきたいですね。
引越しで出た不用品を正しい方法で処分しましょう。
適切な方法で処分すれば、気持ちよく引越しも進めることができます。
余裕を持って、引越しの準備をしてくださいね。