衣替えを上手にしよう!アイデア収納術と収納のコツとは?


日常品のなかでも、服は多くの収納場所が必要になります。クローゼットだけでは、すべての服が収納できないということも珍しいことではありません。季節ごとに使用する服を入れ替える“衣替え”は収納を上手に利用するための方法なのです。衣替えを上手に行うためのコツや収納術について詳しくご紹介しましょう。

  1. 衣替えのタイミングとは?
  2. 衣替え収納のコツとは?
  3. 衣替えのタイミングで服を処分しよう!

1.衣替えはタイミングとは?

日本には四季があるのですが、衣替えは春と秋の2回行うのが一般的です。春の衣替えは6月、秋の衣替えが10月に行うのが衣替えのタイミングになります。地域によって冬や夏の季節が変化するため、地域の気候に合わせて適切なタイミングで衣替えを行いましょう。

1-1.春の衣替え:確実に使わなくなる時期が最適なタイミング

春の衣替えというと4月や5月など生活の変化する時期に行うことがあります。しかし、4月や5月ではまだまだ肌寒い日もあるためタイミングが早すぎるのです。春の衣替えのタイミングは“確実に使わない”と感じる6月以降のタイミングで行いましょう。

1-2.冬の衣替え:必要になった時期が最適なタイミング

冬の衣替えは地域によっても大きく異なりますが、残暑も終わる10月が目安になります。冬の訪れは地域によっても大きく異なるため、冬物が必要になった時期が最適な衣替えのタイミングといえるでしょう。日本は地域によって気候が大きく異なるため、自分の住んでいる地域に応じて“自分が不要と感じる時期”または“不要と感じる時期”に行うのが最適なタイミングなのです。

1-3.気温と衣替えのタイミング

衣替えに最適なタイミングには大きな地域差があります。気温によって衣替えのタイミングの目安になるのです。気温と衣替えのタイミングについてご紹介しましょう。

1-3-1.平均気温と最低気温を確認

気温は1日で大きく変化します。気温によって衣替えのタイミングを計る場合には“平均気温”と“最低気温”を調べることが大切です。春・秋は気温の変化も激しいため、気候の安定する“初夏”や“晩秋”に衣替えを検討しましょう。

1-3-2.気温10度以下:冬物が必要になる季節

気温が10度以下になるとコートやセーターなど冬物の衣類が必要になります。晩秋に10度を下回る地域の場合には早めに衣替えをしましょう。

1-3-3.気温15~20度:春物、秋物が最適な気候

気温15~20度になる季節は、人が行動するうえで非常に快適な時期です。春や秋は気温の変化も大きくなるため、夏物や冬物の衣類を着ることもあるので注意しましょう。気温15度~20度の季節が模様替えには最適の季節になります。

1-3-4.気温20~25度:衣服で体温を調整する季節

気温20~25度の季節は衣服の着脱で体温を調整する季節です。簡単に羽織れる衣類を使いながら、上手に体温を調節しましょう。

2.衣替えコツとは?

季節の変わり目は思った以上に早く訪れます。衣替えはタイミングとスピードが重要なのです。衣替えを上手に進めるためには、短期間で作業を進める必要があります。衣替えのコツついてご紹介しましょう。

2-1.服を整理・処分する

衣替えは服を整理・処分する非常に良い機会です。不要な服を処分して収納する服の量を減らすことは、収納スペースの有効活用になります。衣替えは服を整理・処分する良い機会と考えましょう。

2-2.種類に応じて整理する

衣替えの負担を軽減するためには、衣服を種類に応じて分別することが大切です。適切な分別を行えば、数時間で衣替えができます。衣替えのコツは、整理整頓と服の処分を併用することです。季節の変わり目に服を整理・処分をしてみましょう。

2-3.種類に応じて収納しよう

衣替えのコツは服の種類に応じて分別することです。服の分別の方法について、詳しくご紹介しましょう。

2-3-1.季節によって服を分類する

日本には四季があるため、季節に応じて服を分類します。まずは、所有している服を“春夏用”“夏用”“秋冬用”“冬用”の4種類に分類してみましょう。衣替えでは「春夏用・夏用」と「秋冬用・冬用」の2種類に分類して収納します。クローゼットのなかで春夏用と秋冬用の衣類を分別できるように収納するのが上手な衣替えの特徴です。季節に応じて服を分類して収納しておくことで、収納ケースの入れ替えだけで簡単に衣替えを進めることができます。

2-3-2.衣類の素材によって分類する

衣類はシワになりやすい衣類とシワが気にならない衣類など素材によって保管方法が異なります。素材によって分類すれば、衣類を上手に収納できるのです。衣類は種類に応じて分類して収納するのが衣替えのコツといえるでしょう。

2-4.衣替えに便利な収納を使ってみよう!

衣替えを上手に進めるためには収納グッズを使用するのがポイントです。便利な収納グッズの使い方についてご紹介しましょう。

ハンガーボックス

衣類をハンガーにかけたままの状態で収納可能なボックスです。プラスチック製や段ボール製などがあります。ハンガーにかけたまま収納できるため、シワになりやすい衣類の収納に便利なボックスです。

衣装ケース

衣類の収納に特化している収納グッズの代表アイテムです。同一の商品であれば重ねても安定した収納ができます。半透明のものであれば中身を確認できるので便利です。

オープンボックス

重ねたままでも中身を取り出すことのできるオープンボックスは、最近人気の収納グッズです。積み重ねていても中身が取り出せるため、衣替えの負担を大きく軽減します。カラーバリエーションも豊富なので収納する服に合わせて色を選びましょう。

3.衣替えのタイミングで服を処分しよう!

3-1.服を資源ごみで捨てる

多くの自治体で服は資源ごみとして分別するのが一般的です。資源ごみ専用の袋に入れて“資源ごみ”として捨てることができます。回収日については地域によって異なるので、ごみカレンダーを確認しましょう。

3-2.不用品出張回収サービスを利用して処分しよう!

資源ごみや地域リサイクルセンターを利用して服を処分する場合、回収場所までの運搬は自分で行う必要があります。自分で運搬する時間的な余裕がない場合には、不用品出張回収サービスを利用してみましょう。出張回収サービスには費用がかかりますが、不用品廃棄の負担を考えると非常に便利なサービスです。大量の衣類を処分する場合には、定額回収プランなども利用できます。

まとめ

衣替えを上手にするためのコツは“整理”と“処分”にあります。季節の変わり目に衣類を整理・処分することは衣替えの基本です。衣類を整理・処分することで、衣替えの負担を大きく軽減できます。衣替えを上手に行うためには、収納グッズを有効利用して整理・処分が大切です。衣替えを良い機会にして、家のなかや部屋の整理整頓を始めてみるのも良いでしょう。