ベッドを簡単に処分する方法と高く買取してもらうポイントをご紹介!


大型家具のベッドやマットレスを1人で持ち運ぶのは難しいですよね。家から搬出できないため、捨てられず困っている方も多いでしょう。ベッドの処分方法を間違うと、思っているよりお金がかかります。細かくすれば、お金をかけずに処分することもできるでしょう。しかし、フレームやマットレスを解体するのは大変面倒です。そこでこの記事では、ベッドを簡単に処分する方法とベッドの買取について解説していきます。

  1. ベッドは何ごみになる?
  2. ベッドを自分で捨てる方法
  3. ベッドを下取りしてもらうには?
  4. ベッドを買取してもらいたい方へ
  5. ベッドの処分は不用品回収業者が便利!
  6. ベッドの処分でよくある質問
  7. まとめ

この記事を読むことで、ベッドやマットレスを手間や費用を抑えて簡単に処分する方法がわかります。事情があり、急いで処分したいという方にも最適な方法です。ベッドの処分をしたいと思っている方は、ぜひチェックしてみてください。

1.ベッドは何ごみになる?

ベッドと一言で言っても、”マットレス”や”フレーム”など、種類や形状はさまざまです。また、解体できるかできないか?によっても処分方法は異なるでしょう。ベッドは基本的に粗大ごみとして捨てられます。粗大ごみとは家庭から出る大型ごみのことです。一般的に、1辺の長さが30㎝以上の指定ごみ袋に入らないごみは粗大ごみとして考えます。ベッドのマットレスやパイプベッドも粗大ごみです。

2.ベッドを自分で捨てるには?

ベッドを自分で捨てるのはどのような方法があるのでしょうか?

2-1.自治体の粗大ごみ回収で捨てるには

ベッドは粗大ごみとして、自治体に回収してもらえます。お住まいの地域の粗大ごみ受付センターへ粗大ごみの収集依頼をしてください。その際に、収集日や収集場所、処理手数料のアナウンスがあります。処理手数料は、スーパーやコンビニで販売されている粗大ごみ処理券を購入する方式です。ベッドの処分費用は、自治体ホームページでも確認できます。ベッド・マットレスはそれぞれに処分費用がかかるため、注意してください。

2-2.解体しなくてはいけない?

自治体の粗大ごみ回収を利用する場合、必ずしも解体する必要はありません。マットレスなどを解体し、指定ごみ袋に入れれば粗大ごみではなく可燃ごみとして出すことも可能です。しかし、大きなマットレスを解体するのは想像以上に大変な作業でしょう。マットレスの中のスプリングが飛び出しケガをする恐れもあります。手間も時間もかかるため、解体しないまま処分できる方法を選びましょう。

2-3.実は一番大変!粗大ごみ回収のデメリット

ベッドを自治体の粗大ごみ回収で捨てる場合、運搬はどうしますか?実は、自治体の粗大ごみ回収では、決められた場所での収集しか行っていません。家から、収集場所までは、どんなに大型の家具・家電でも自分で運ぶ必要があるのです。さらに、収集日も自分で指定できません。自治体が決めた収集日と時間を守り、処分ルールに従い捨てる必要があるのです。忙しい人や、女性・高齢者は、ほかの処分方法を検討したほうがいいでしょう。

2-4.自治体の粗大ごみ回収を使うメリット

自治体に依頼するメリットは、粗大ごみ回収料金が安く済むというところでしょう。要らなくなったものを処分するのですから、なるべくなら費用をかけたくないですよね。しかし、ベッドの大きさや種類、個数によっては、もっと費用を抑えられる処分方法もあります。
自分の状況に合わせて、最適な処分方法を選びましょう。

3.ベッドを下取りしてもらうには?

要らなくなったベッド、ある条件が揃(そろ)えば下取りしてもらうこともできます。ある条件とは何なのでしょうか?この項ではベッドの下取り方法についてご紹介していきます。

3-1.販売店に下取りしてもらうには?

販売店での下取りとは、ベッドを新しく購入するお店に古いベッドを引き取ってもらうサービスです。ベッドを販売するすべてのお店で行うサービスではないため、購入前に確認してみましょう。下取りの方法は、新しい商品を届けるときに引き取ってもらう形が一般的です。

3-2.通販業者の下取りはどう?

最近では、ベッドなどの大型家具を通信販売で購入する方も多くなりました。そんな消費者のニーズを受け、不要になったベッドの下取りサービスを行う通販業者も増えています。下取り費用は、通販会社により異なるため注意が必要です。遠方や地域によっては下取り費用が高くなる可能性もあるでしょう。下取り可能な地域を限定している場合もあります。下取り方法は、新しいベッドが届くときに、運送会社が引き取っていくという形です。

3-3.ベッドの下取り手数料について

ベッドの下取り費用は各販売店により異なります。新しく購入する家具と同等・同数に限り無料というところもあれば、1個数千円かかる場合もあるでしょう。また、階数や運搬状況により費用が加算されるケースもあります。特に通販会社へ依頼する方は、注意書きが小さく書かれていることが多いので見逃さないよう注意してください。

3-3.下取りしてもらうメリット・デメリット

販売店に下取りしてもらうメリットは、購入物が届く際に引き取りしてもらえるため、手間がかからないというところです。費用は販売店により異なるので確認してみてください。業者によっては処分費用が高くなってしまうこともあります。また、ベッドを新しく購入しない方は、利用できません。下取りできる条件に”○○円以上の品を購入の方対象”としているお店も多いでしょう。購入希望のベッドが下取り対象外の場合、別途下取り手数料がかかることも懸念材料です。さらに、組み立てベッドの場合は、解体してからではないと引き取りしてもらえない場合もあります。

4.ベッドを買取りしてもらいたい方へ

ベッドの処分方法には”買取”してもらう方法もあります。まだ使えるのに捨てるのはもったいないと思う方には最適な処分方法です。

4-1.どんなベッドが買取ってもらえる?

買取してもらえるベッドには条件があります。ベッドは人の肌に触れるものなので、中古での販売が難しい商品です。リサイクルショップでも買取には消極的なお店が多いでしょう。どのようなベッドが買取されやすいご紹介します。

  • 高級家具メーカーのベッド
    (定価が高いため中古で探している人が多い)
  • 海外のアンティークベッド
    (アンティーク好きなファンがいる)
  • マットレスとフレームが別々になる
    (マットレスだけ新品を使いたいという人が多いため)
  • 人気のデザイン
  • 製造・購入から3年以内の新しいもの

寝具やベッドは、再販が難しいため、買取される条件が狭いです。高級家具メーカーのベッドでも状態が悪ければ値が付かないでしょう。また、ベッドのマットレスは、よっぽど新しいものではないと、ほとんどのお店で買取ってもらえません。使用済みでもきれいで、再販しやすいものだとお店が判断すると、普通のベッドでも買取ってもらえます。

4-2.ベッドを買取ってもらえる場所とは?

ベッドの買取を行う業者は、リサイクルショップ・中古家具屋さん・不用品回収業者です。最近ではネットオークションを利用する方も増えています。しかし、ベッドなどの大型家具は送料が高いため、落札される確率はあまりよくありません。運送費が10000円以上かかることも普通です。それなら、新品を購入したほうが安いと思われても仕方ありませんよね。ベッドの買取は、リセールする場所を持っている業者に依頼しましょう。

4-3.ベッドを高く買取ってもらうには?

【ベッドを少しでも高く買取ってもらうポイント】

  • 中古家具の販売・買取りに力を入れている業者に依頼する
  • アンティーク家具は、鑑定士がいる会社に依頼
  • きれいな状態にする
  • 付属品を揃(そろ)えておく

リサイクルショップは、お店によって買い取りを強化している品物がさまざまです。洋服をメインに取り扱うリサイクルショップにベッドの買い取り査定をしても、二束三文で買い取られる可能性が大でしょう。リサイクルショップを選ぶときは、中古家具に力を入れている業者に依頼してください。また、価値の見極めが難しいアンティークなベッドは、鑑定士がいるお店にお願いするといいでしょう。少しでも状態を良く見せるため、汚れやほこりはふき取り、ベッドを置いてある部屋は片付けておきましょう。購入時の付属品があれば査定日までに用意してください。

4-4.買取のメリット・デメリット

処分したいと思っていたベッドを買取ってもらえれば、こんなにうれしいことはないですよね。まだ使えるのに、事情があり手放さなくてはならない方には費用をかけて処分する方法より買取してもらうことをオススメします。ベッドがほぼ新品で購入してからほとんど使っていないようなものであれば、ぜひ査定してもらいましょう。 しかし、買取のデメリットは買取ってもらえない可能性があるというところです。少しでもシミや汚れがあれば値が付かないことが多いでしょう。また、買取できないものを引き取る業者も少ないです。リサイクルショップの出張査定は時間がかかることも多いため、買取してもらえなかった場合、別の処分方法を考えなくてはなりません。急いで処分したい方には、買取できなかったものも回収してもらえる不用品回収業者の買取サービスを活用しましょう。

5.ベッドの処分は不用品回収業者が便利!

5-1.ベッド処分:こんな方は不用品回収業者に頼もう

ベッドを処分したい!でも、できない!あなたはこんなお悩みを抱えていませんか?

  • ベッドの処分を急いでいる
  • 汚れがあり状態の悪いベッドを処分したい
  • マットレスと一体化で再販が難しいベッド
  • 女性や高齢者、1人で運搬できない人
  • 仕事や育児が忙しい方
  • 解体作業が面倒!
  • 買い取りしてもらえなかった!
  • 済んでいる家が階段で自力での搬出が難しい

このような理由でベッドの処分にお困りの方は、迷うことなく不用品回収業者に依頼しましょう。不用品回収業者なら、上記のようなお悩みをすべて解決してくれるのです。

5-2.不用品回収業者を利用するメリット

不用品回収業者に依頼するメリットは、電話1本で自宅まで駆けつけてくれるところです。早ければ、即日対応も可能!出張見積もりはもちろん無料で行っています。どんな状態のベッドも、搬出から運搬・処分まですべて行うため手間がかからず便利です。買い取りサービスのある業者なら、買い取りしてもらえなかったベッドの回収も行います。ベッドの解体作業から行ってくれるでしょう。電話で依頼すれば、あとは業者にお任せするだけで処分できます。粗大ごみ処理券を購入・・といった面倒な作業は必要はなく、その場で現金支払いできるところも大きなメリットです。

5-3.不用品回収業者の選び方

近年、不用品回収業を営む業者が急増しています。少しでもベッドを安くスピーディーに処分するには、業者選びが大切です。不用品回収業者を選ぶコツをご紹介します。

【無料見積もり・1個から回収】

不用品回収業の多くが見積もり無料です。しかし、中には出張費がかかる業者もあります。サービスを依頼するかどうかわからない段階で費用がかかる業者は選ばないほうがいいでしょう。見積もり・出張費無料で、1品から取りに来てくれる業者が便利です。

【明朗会計・追加料金なし】

不用品回収業者の適正価格ってわかりづらいですよね。ですから、見積書の内容や料金の説明が理解しづらいときは、必ず納得がいくまで質問してください。信頼できる業者は、見積書が分かりやすく明朗会計です。追加料金などもかからない業者を選びましょう。

【自治体の許可がある】

一般家庭から不用品や家電を回収・買い取りするサービスを行うには、自治体の許可が必要です。不用品回収業者のホームページで確認してみましょう。取得許可の番号が掲載されているはずです。

【実績が紹介されている業者】

業者のホームページなどで、作業実績が報告されていると安心です。実際に行った現場や費用を確認することができますので、自分の場合はどうかな?と目安にもなるでしょう。一方、実績などが一切わからず携帯電話番号だけ掲載している業者などは、所在地がはっきりせず大変不安です。何かあってからでは遅いため、ホームページがきちんと整っていて実績を積んでいる業者を選んでください。

【損害保険に加入している】

ベッドなどの大型家具の搬出は家に傷が付いてしまう可能性もあります。きちんとした業者なら、傷を防ぐために養生は欠かせません。また、万が一に備え損害保険にも加入しているでしょう。トラブルが起きてから後悔しないよう、保険の加入の有無は確認しておきましょう。

5-4.ベッドの処分いくらかかる?

不用品回収業者にベッドの処分を依頼した場合いくらかかるのでしょうか?不用品回収業者の料金システムは以下のようになっています。

  • 基本料金+品物毎(ごと)の金額=合計

買い取りする品物がある場合は、上記の合計から買い取り金額が相殺されます。基本料金は業者によって異なるのですが、3000円~5000円が一般的です。業者の中には、基本料金が2000円というところもあります。料金を少しでも安く抑えたい方には見逃せないポイントです。

【お得なパック料金もある】

大型のベッドや布団、マットレスなど、ほかにも処分したい不用品がある場合や引っ越しで粗大ごみが多く出たケースなどは、定額プランを選ぶといいでしょう。定額プランとは、回収する荷物の量に合わせて定められたパック料金です。軽トラ1台積み切りで○○円と決められています。いくら詰め込んでも料金が変わらないところが安心です。また、パック料金と買い取りを併用すれば、料金が大幅に安くなることもあるでしょう。引っ越しで多く出るゴミの回収・処分まで行う業者もあります。

5-5.不用品回収業者の回収方法

不用品回収業者を利用した場合の流れをご案内します。

  1. まずは電話で依頼する
    業者によってはホームページからも申し込み可能。急いでいる方は電話で依頼しましょう。
  2. 予約日を打ち合わせ
    即日対応可能な場合もありますが、できるだけ余裕を持って早めに依頼しましょう。
  3. 予約日に見積もり
    自宅で品物を見て見積もりを取ってもらいます。この時点でキャンセルしても料金はかかりません
  4. 料金に納得すれば回収(買い取り)
    品物の搬出は、後日でも可能。希望の日時を指定できます。
  5. 作業終了後、支払い
    すべての作業が終了し、作業内容を確認したら支払いです。

5-6.無料回収業者にはご用心!

最近、一部の悪質な不用品回収業者によるトラブルがクローズアップされていますよね。”料金のトラブル”や”家に傷を付けられた”不法投棄された”など、業者選びを間違うと犯罪に巻き込まれる恐れもあるでしょう。トラブルを避けるため、最初から”無料”と謳(うた)う業者には近づかないことです。ベッドの処分には費用がかかると認識しておきましょう。トラック1台で無料回収を謳(うた)う不用品の回収業者には重々注意してください。

6.ベッドの処分でよくある質問

6-1.まだ購入したばかりのベッド。セットで購入したけどマットレスだけ処分したい。買い取ってもらえる?

セットで購入したものの、マットレスが体に合わず処分を考える方は多いです。未使用で新しいものなら買取してもらえる可能性は十分あります。最寄りの不用品回収業者かリサイクルショップに買い取り査定を依頼してみましょう。

6-2.モデルルーム・店舗で不要になったベッド、回収してもらえる?

自治体の粗大ごみ回収は一般家庭から出るごみが対象です。店舗で不要になった家具や不用品は、不用品回収業者の買い取りサービスを利用して処分しましょう。買取してもらえれば、経費節減にもなりますよ。

6-3.不用品回収業者はクレジットカードで支払える?

不用品回収業者にもよります。クレジットカード希望の方は、カード決済可能な業者を選び、支払い方法を事前に伝えておくといいでしょう。

6-4.遺品整理で困ってます。ベッドや寝具・不用品をまとめて処分してほしい。

遺品整理を自分で行うには限界があります。不用品回収業者の中には、遺品整理や部屋の片付けを行う業者も多くなりました。作業の負担が少しでも軽くなるよう、ぜひ活用してください。

6-5.引っ越し業者に回収してもらう方法もあるのですか?

はい、あります。しかし、引っ越し費用に不用品処分の費用が加算され料金が高くなってしまうこともあるでしょう。不用品回収業者では、引っ越しサービスを行う業者もあります。ハウスクリーニングや不用品回収がプランに組み込まれている業者を選べば引っ越しの手間を省くことができるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?この記事では、ベッドのお得な処分方法についてご紹介しました。ベッドの処分方法にはさまざまな選択肢があります。ベッドの状態や種類に関係なく、手間や時間をかけず処分する方法は不用品回収業者を活用することです。不用品回収業者が行う、買い取り・回収・引っ越しの片付けなどさまざまなサービスを併用するとよりお得に楽に処分できるでしょう。ぜひ参考にしてみてくださいね。