必見!知っておくべき不用品の片付けにかんするルールと賢い処分方法


不用品の片付けにお困りではありませんか?使わなくなった家具や買い替えることになった家電など、生活している上で必ず不用品は発生するでしょう。「早く処分してすっきりした部屋にしたい」と思っても、どうやって処分するべきか迷いますよね。不用品を片付ける方法はいくつか選択肢があり、それぞれにメリットとデメリットがあるのです。どの方法が適しているのか知っておく必要があるでしょう。この記事では、不用品の処分を自分で行う方法と業者に依頼する方法などをまとめて解説します。

  1. 不用品の片付けにかんする基礎知識
  2. 不用品を片付ける際の注意点
  3. 不用品の片付け方法
  4. 不用品の片付けと買い取りについて
  5. 不用品の片付け、業者選び
  6. 不用品の片付けにかんするよくある質問

この記事を読むことで、不用品を処分するベストな方法がわかるはずです。最も楽でお得に片付けられる方法を知ってください。

1.不用品の片付けにかんする基礎知識

まずは、不用品の種類とそれぞれの処分方法について解説しましょう。

1-1.不用品とは何か?

一般的に不用品とは「いらないもの」のことです。あっても役に立たないもの・使わないものという意味でもあります。同じ読み方で「不要品」という言葉もありますが、こちらは「壊れていないこと」が前提です。そのため、リサイクルショップなどで買い取ってもらえるのは「不要品」になります。「不用品」は壊れていて使えないものであるため、引き取ってもらえたとしてもジャンク品として販売されることになるでしょう。

1-2.粗大ゴミの種類あれこれ

大きな不用品を処分する際に、まず思い浮かぶのが自治体回収による粗大ゴミとして捨てる方法でしょう。粗大ゴミとは、指定ゴミ袋に入りきらないサイズの不用品を言います。たとえば、洋服タンスやベッド・布団・自転車などは大きさ的に粗大ゴミ扱いになることがほとんどです。自分で市の処理施設に持ち込むか、指定の回収場所まで取りに来てもらう方法があります。

1-3.家電はどうやって処分するのか?

いらなくなった家電を処分する際は、注意が必要です。まず、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンの4品目は「家電リサイクル法」の対象となるため、粗大ゴミとして捨てることはできません。基本的には小売店に回収義務があり、消費者はリサイクル料金を支払って回収してもらう必要があるのです。また、携帯電話やデジタルカメラなどの小型家電についても「小型家電リサイクル法」によって回収がすすめられています。市町村によっては回収ボックスなどを設置していることもあるため、調べておく必要があるでしょう。

1-4.パソコンの捨て方

パソコンは「資源有効利用促進法」により、メーカーによる自主回収とリサイクルが義務づけられています。そのため、基本的に自治体が回収するゴミとして捨てることはできなくなったのです。PCリサイクルマークがついているパソコンについては、無償で回収してもらえます。回収方法はメーカーによって異なるため、事前に問い合わせておきましょう。

1-5.そのほかの特殊な不用品

乾電池や蛍光管・水銀体温計などは、特殊な不用品であると考えてください。専用のゴミ袋に入れて捨てることができない自治体もあるため、事前に確認しておきましょう。「どうやって処分すればよいのかわからない」という場合は、不用品回収を行っている専門業者に依頼するとスムーズです。

2.不用品を片付ける際の注意点

不用品の片付けや処分を自分で行う場合は、さまざまな注意点を知っておかなければなりません。自分で処分するにはどのようなデメリットがあるのか把握しておきましょう。

2-1.仕分け・作業が大変になる

不用品を処分する前に、まずゴミの仕分けが必要です。「燃えるゴミ」「燃えないゴミ」「粗大ゴミ」「自治体回収以外の方法で処分するゴミ」に仕分けしなければなりません。この作業はとても大変です。何がどのゴミに分類されるのか把握していない場合は、一つ一つ調べることから始める必要があります。また、大型の不用品は回収まで保管しておかなければならないため、スペースも確保しなければならないでしょう。

2-2.地方自治体によってルールは異なる

ゴミの捨て方は全国共通ではありません。何が何ゴミに分類されるのか、どのように捨てるのかなどは、自治体によって異なるのです。そのため、自分の自治体ではどのようなルールになっているのか、あらかじめ確認しておかなければなりません。

2-3.有料処分になるものもある

不用品の処分にはお金がかかるものもあります。粗大ゴミの場合は、料金分のシールを購入して不用品に貼ってから捨てる必要があるのです。また、家電を回収してもらう場合もリサイクル料金を支払わなければなりません。不用品を片付けるには費用がかかるということを覚えておきましょう。

2-4.パソコンはデータの処理に注意

パソコンを処分する場合は、中身のデータを消去しておく必要があります。自分にとっては大きな意味のないデータでも、第三者に悪用される危険性は十分にあるのです。情報が流出すれば、他人に多大な迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。確実にデータを消去し、安全な状態にしてから処分してください。

3.不用品の片付け方法

では、不用品を片付ける具体的な方法をご紹介しましょう。自分で行う場合と業者に依頼する場合の両方をまとめてみました。

3-1.自分で処分する方法とメリット・デメリット

自分で不用品を処分する場合はどのような方法があるのでしょうか。それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

3-1-1.地方自治体のゴミ回収を利用する

最も手軽な方法が、自治体のゴミ回収を利用するものです。相手が自治体ということで安心感も大きいでしょう。回収にかかる費用も比較的安くなっています。ただし、事前に料金や回収日時を確認するのに問い合わせる必要があるため、手間がかかるのがデメリットです。また、希望の日時に回収してもらえるわけではないので「処分を急いでいる」という人にはおすすめできません。

3-1-2.リサイクルショップに持ち込む

比較的状態のよいものであれば、リサイクルショップに買い取ってもらえる可能性があります。近所にお店があるなら持ち込んでみてはいかがでしょうか。その場で査定してもらえるため「すぐに現金化できる」というメリットがあります。しかし、状態が悪いものは買い取り不可になることもあるため、再び家に持ち帰らなければならないこともあるでしょう。

3-1-3.ネットオークションを利用する

ネットオークションを利用して不用品を売る方法もおすすめです。この場合は、自分で金額を設定できます。うまくいけば高額で買い取ってもらえることもあるでしょう。ただし、取り引きの途中でトラブルが発生する可能性もあるため、慣れていない人にはあまりおすすめできません。また、買い手が見つかるまで不用品を家に置いておかなければならないのもデメリットです。

3-2.業者に依頼するメリットと注意点

では、業者に依頼して不用品を処分する場合はどうでしょうか。依頼先や注意点をご紹介します。

3-2-1.メリットとデメリット

業者に依頼するメリットは、何と言っても「最小限の手間で済む」ということです。重たい不用品もすべて運んでもらえるため、大変な思いをすることはありません。こちらで日にちを指定できるのもありがたいですよね。仕事が忙しくて時間を作ることができないときや、引っ越しまでの日にちが少ないときなども、こちらの都合に合わせてもらうことができます。デメリットとしては、料金が高いという点でしょう。自治体の回収に比べて2~3倍の料金がかかることもあるため、事前にしっかりと見積もりを確認しておく必要があります。

3-2-2.どこに依頼すればよいのか?

不用品の処分を依頼する先としては、不用品回収業者や引っ越し業者があります。不用品回収業者は、電話1本で自宅まで回収に来てくれるところがほとんどです。不用品の仕分けもしてくれるため、手間をかけずに処分できるでしょう。「リサイクルレスキュー」では、365日無休で不用品の回収・買い取りを行っています。即日対応も可能であるため、ぜひ利用してみてください。
http://www.recycle-rescue.com/
引っ越しと同時に不用品の処分をしたいなら、引っ越し業者に依頼する方法もあります。業者によっては格安でサービスしてくれるところもあるため、聞いてみるとよいでしょう。

3-2-3.注意点

不用品の回収や処分を行っている業者の中には、悪質な営業をしているところもあります。実際に、全国で何件もトラブルが報告されているのです。そのような業者を選ばないよう、業者選びは慎重に行う必要があります。悪徳業者を見極めるポイントなどを後ほどご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

4.不用品の片付けと買い取りについて

不用品は状態がよければ買い取ってもらうことも可能です。買い取りのメリットや注意点などをご紹介します。

4-1.買い取りやリサイクルのメリットとは?

使わなくなった用品を買い取りやリサイクルに出すことには、さまざまなメリットがあります。まず、節約になるという点です。捨てるはずだったものがお金に替わるのはとてもうれしいことでしょう。新しいものと買い替えるにしても、その足しになりますよね。また、環境面でもメリットがあるのです。埋め立てられるはずだった不用品が再利用されることで、環境にかかる負荷を軽減することができます。

4-2.回収業者による買い取りについて

回収業者の中には、買い取りも同時に行っているところもあります。状態のよいものは買い取り・悪いものは回収という形で引き取ってくれるのです。汚れやキズの多いものや年式の古いもの、動作に問題があるものなどは買い取り対象にならないことが多いため、事前に見積もりをとって確認しておくとよいでしょう。

4-3.査定金額について

査定金額は業者によって異なります。業者ごとに基準が定められているため、同じ不用品でも業者によって全く違う査定金額がつく場合もあるのです。そのため、できるだけ事前に複数の業者に見積もりを依頼し、比較しておくことをおすすめします。そうすることでその不用品の買い取り相場を知ることにもつながるでしょう。

4-4.注意点

査定金額を上げるためには、以下のようなポイントを押さえておきましょう。

  • きれいに掃除して新品の状態に近づけておく
  • 付属品をそろえておく
  • できるだけ早く売る

商品の価値というものは、年々下がっていきます。少しでも高い査定金額を目指すのであれば、早めに売りに出すことを決断した方がよいでしょう。

5.不用品の片付け、業者選び

業者選びのポイントやコツ、回収方法などをまとめてご紹介します。

5-1.プロならではのメリットとは?

不用品業者では、不用品の種類を問わず回収を行っています。「どうやって処分したらよいのかわからない」というものでもまとめて受け付けているため、自分で調べたり分別したりする必要はないのです。また、大型の家具や家電などは自分で運び出すのがとても大変ですが、プロに依頼すればどんな状況でもうまく運び出してくれます。壁や床に傷を付ける心配もないため「プロならでは」と言えるでしょう。

5-2.業者選びのポイント

業者選びのポイントは以下のとおりです。

  • 一般廃棄物収集運搬業や古物商の許可を得ている
  • 実績が豊富である
  • 事務所の所在地や電話番号がホームページに記載されている
  • 制服やトラックに会社名やロゴが入っている
  • 電話番号が固定電話である
  • 事前に見積もりを出してくれる
  • 見積書の内容が明確である

以上のポイントをチェックして、良心的な業者であるかどうか見極めましょう。

5-3.データの処理について

パソコンの回収を行っている不用品回収業者もあります。依頼する場合は、データの消去も受け付けているか確認しておきましょう。データ消去は専用ソフトを使うなどして自分で行うこともできますが「自信がない」という人は業者に依頼した方が安心です。専用の機械を使って確実に処分できるため、より安全にパソコンを処分できるでしょう。

5-4.業者に頼むときのコツ

業者に依頼する際は、まず無料見積もりを利用してください。見積もりの内容はもちろんのこと、業者の対応スピードや丁寧さを知ることができておすすめです。納得のいく対応であれば、その業者は信頼できるという判断材料になるのではないでしょうか。

5-5.回収方法と料金設定

不用品回収業者の回収方法には「店頭持ち込み」や「宅配回収」「出張回収」があります。「リサイクルレスキュー」では出張回収・買い取りを行っており、電話1本で自宅まで不用品を回収・買い取りに行くことが可能です。料金設定については、定額パックプランをはじめ個別回収にかかる費用・オプション料金などを明記していますので、ぜひチェックしてみてください。

リサイクルレスキュー:料金案内

5-6.選ぶときの注意点

「無料回収」を過剰に宣伝している業者には注意してください。特にトラック1台で近所を回っているような業者は、悪質な営業をしている可能性が高いでしょう。無料と宣伝しておいて後から高額な料金を請求するようなケースも少なくありません。また、回収した不用品を不法投棄しているような業者も存在しているのです。そのような業者を選ぶとトラブルに巻き込まれる可能性があるため、十分に注意してください。

6.不用品の片付けにかんするよくある質問

「不用品の片付けをしたい」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめてみました。

6-1.不用品回収と同時に買い取りも行っている引っ越し業者はありますか?

A.買い取りも行っている引っ越し業者はほとんどありません。買い取りに出したいものがあれば、別の専門業者に依頼するべきでしょう。

6-2.業者に依頼した場合、パソコンのデータ消去は確実にしてもらえるのでしょうか?

A.「データ消去証明書」を発行してくれる業者もあるため、発行を依頼すると安心でしょう。確実にデータを消去したという証明になります。

6-3.時期によって買い取り金額が左右することはありますか?

A.たとえば、コタツやストーブなどは秋~冬にかけて買い取りに出すと高く買い取ってもらえる傾向にあります。タイミングを見極めて買い取りを依頼しましょう。

6-4.リサイクルショップではどのくらいの価格で買い取ってもらえますか?

A.状態や購入した年代にもよりますが、定価の10~20%前後が相場です。見た目が査定を大きく左右するため、できるだけきれいな状態にしておきましょう。

6-5.大型家具は分解すれば燃えるゴミとして捨てることができますか?

A.分解して指定のゴミ袋に入りきるようであれば、燃えるゴミや燃えないゴミとして捨てることも可能です。ただし、自分で分解するのは危険なため、慣れていない人にはおすすめできません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。不用品の片付けや買い取りに出す方法などをまとめて解説しました。不用品は種類によって処分方法が異なります。捨て方がわからなくて「ついそのままにしてある」というものもあるのではないでしょうか。しかし、使わないものをいつまでも置いておいても部屋はスッキリしませんよね。ぜひこの記事を参考にして、不用品の片付け方を知ってください。あなたにとってベストな処分方法を選びましょう。