【必読】廃品回収車の利用は危険!?不用品回収を頼むべき業者とは?


「不要になった家具家電を回収いたします」と近所に「廃品回収車」がまわってきたことがありませんか?廃品回収車は「無料だから」と簡単に信用するのはNGです。廃品回収者は無料で家電製品を引き取ってくれると思われがちですが、トラブルが多発しています。そこで、廃品回収車とは何なのか、廃品回収車とのトラブルや不用品の処分方法・注意点・業者選びのコツなど詳しく説明しましょう。

  1. 廃品回収車とは?
  2. 廃品回収車のトラブルについて
  3. 不用品処分の注意点
  4. 不用品回収のさまざまな方法
  5. 不用品・廃品回収の業者選びのコツ
  6. 不用品処分にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、廃品回収車のトラブルを防ぎ、正しい不用品の処分方法を知ることができます。不用品回収を依頼したい方はぜひ参考にしてください。

1.廃品回収車とは?

よく街中をまわっている廃品回収車とは、一体どんなものなのでしょうか。不用品処分・廃品回収を依頼する前に、きちんと廃品回収車を知ることが大切です。

1-1.どんなもの?

車で廃品回収をおこなっているのが「廃品回収車」です。しっかりとした不用品処分や廃品回収業者は店舗を構えているところが多いでしょう。廃品回収車は店舗がなかったり、店舗があっても車で営業したりしている業者が多いです。

1-2.目的

「無料で廃品回収をおこなっています」など音声テープを流している廃品回収車に、「無料なら依頼しよう!」と考える方は多いでしょう。まさに、その考えが廃品回収車の目的です。廃品回収車は不用品・廃品を回収するために街中を巡回しますが、無料と謳(うた)ってお金をだまし取ろうとする業者が増えています。

1-3.業者について

個人で運営している廃品回収者から、店舗も持ちつつ廃品回収車で回収している業者などさまざまです。廃品回収車の業者でも、優良業者と悪徳業者が存在しています。しかし、おそらくほとんどの廃品回収車が悪徳業者になるでしょう。なぜなら、優良業者はわざわざ車でまわらずともお客様を呼び寄せているからです。回収車で呼びかける必要はありません。つまり、廃品回収車は営業と同じです。自分たちから動かなければお客様を集めることができない「悪徳業者」が多いでしょう。

1-4.なぜ増えているの?

では、なぜ廃品回収車が増えているのでしょうか。不用品の処分は時間と手間がかかります。自治体に処分しようとしても、わざわざ自分たちで運ばなければなりません。しかし、廃品回収車なら近くにきたときにすぐ処分してもらえます。廃品回収車の実態を知らなければ、利便性の高さから依頼してしまうのです。そのため、廃品回収車は不用品の欠点をうまく活用し、だましやすい方法といえます。だましやすいからこそ、廃品回収車で稼ごうと考えている業者が増えてきているのです。

2.廃品回収車のトラブルについて

ここ近年、廃品回収車と利用者のトラブルが相次いでいます。廃品回収車にだまされないためには、トラブルをしっかり把握しておかなければなりません。

2-1.多発するトラブル

国民生活センターの報告によると、2002年度は廃品回収車のトラブル件数が141件だったのに対し、2004年度は259件と一気にあがっています。2005年度は277件、2006年度は318件と増えているのです。多発しているトラブルなので、国民生活センターは消費者に注意喚起を促しています。

2-2.トラブル実例

ここで、いくつかトラブル実例を挙げておきましょう。よくあるトラブルが、「無料といっていたのに後で処分費用を請求されたこと」です。廃品回収車のほとんどが「無料回収」を謳(うた)っているでしょう。しかし、不用品の回収時に「処分にはお金がかかる」と主張します。廃品回収車の人が強い態度になるほど怖くなりますし、支払わずにはいられなくなるのです。また、「回収したものを不法投棄していた」というトラブルも多発しています。自分たちで処理をせずに、森の中や道端に不法投棄をするのです。不法投棄は法律で禁止されており、環境に悪影響を与えるので非常に許せません。

2-3.なぜトラブルが多いか?

では、なぜ廃品回収車のトラブルが増えているのでしょうか。主な理由としては、不用品分別の難しさが挙げられます。ごみの分別化が進み、粗大ごみや不用品でも分別が難しくなっているのです。特に、大きい不用品は運搬が大変になります。そこで、簡単に処分できる廃品回収車を利用する→トラブルになるという流れができてしまうのです。

2-4.悪徳業者について

廃品回収車の中には、無料で回収をしている優良業者もいます。しかし、ほとんどが悪徳業者であり、見極めるのは非常に難しいです。国民生活センターでも、市区町村のルールに従って処分するか、許可を受けた不用品回収業者に依頼してくださいと促しています。「無料」という言葉に誘惑され、廃品回収車に不用意に声をかけないように注意しましょう。

2-5.トラブル対応策

優良業者と悪徳業者の見極めが難しい廃品回収車を利用しないことが1番のトラブル対応策です。つい、依頼しがちですが、誘い文句にのってはいけません。後でトラブルに巻き込まれるよりも、最初から正しい方法で処分したほうが安心です。

2-6.相談窓口

もし、廃品回収車のトラブルにあった場合、すぐに消費者センターや国民生活センターに相談してください。「どうすればいいのかわからない」と悩み続けるよりもすぐ相談したほうが解決は早いです。国民生活センターは休日相談も受けつけています。

国民生活センター相談窓口

3.不用品処分の注意点

不用品の処分をおこなう際、いくつか注意点があります。注意点をきちんと把握することでトラブルのリスクが下がるでしょう。不用品を処分する前に、まずは、注意点をしっかり押さえてください。

3-1.仕分け・作業の大変さ

不用品を燃えるごみ・燃えないごみ・資源ごみ・粗大ごみなど種類にわけていかなければなりません。きちんと分類しなければ、回収してもらえないなどトラブルになってしまいます。ごみ分別の基準は、各自治体で異なるため注意が必要です。分別する前に、各自治体のホームページで確認しておきましょう。特に、仕分け・作業の大変さを実感するのが「ゴミ屋敷」です。ゴミ屋敷はほとんど要らないものであふれています。ごみの分別から処分まで数週間かかることもあるでしょう。そのため、人手を集めて計画的に仕分け・作業をすることが大切です。

3-2.地方自治体によって異なるルール

【3-1.仕分け・作業の大変さ】でも説明しましたが、地方自治体によってごみのルールが異なります。たとえば、粗大ごみの大きさです。ほとんどの自治体が1辺30cm以上のものと定めていますが、必ずしもすべての自治体が当てはまるとは限りません。また、粗大ごみを捨てる前に申し込みが必要、粗大ごみシールを購入しなければならないなど細かく決まっています。

3-3.有料処分になりうるもの

粗大ごみの回収はお金がかかります。料金は自治体や大きさ・品目によって異なりますが、ほとんどが数百円で済むでしょう。地域やものによって詳しい料金が異なるので注意してください。また、自治体が指定している場所まで運ばなければなりません。どうしても指定場所まで運べない場合、自治体に依頼すれば引き取りにきてくれるところもあります。その場合は、運搬費用が必要になる可能性が高いので、さらにお金がかかるでしょう。

4.不用品回収のさまざまな方法

不用品回収の方法は、主に「自分でやる方法」「業者に依頼する方法」の2つがあります。それぞれどんな方法になるのか、詳しく見ていきましょう。そして、あなたに合った方法で処分してください。

4-1.自分でやる場合

自分で不用品を処分する際、「自治体」か、または「リサイクルショップ」の利用になります。自治体で処分する場合は自分で分別し、指定場所まで持っていかなければなりません。リサイクルショップの場合も、店舗に持ち運ぶ必要があるでしょう。また、使える不用品でも傷が目立ち、古いものであれば買い取ってもらえない可能性が高いです。つまり、自治体は処分費用が安いですが手間と時間がかかり、リサイクルショップは処分費用を抑えられても、買取不可になったものは持ち帰らなければなりません。

4-2.業者に頼む場合

不用品の回収・買取をおこなっている業者に依頼すれば、買取不可になったとしてもその場で回収できます。さらに、出張買取が可能です。出張買取は自宅に業者スタッフがやってきて、査定・回収をおこなう方法になります。不用品を分別・運搬する必要がないので、手間と時間をかけずに処分できるでしょう。

4-3.注意点

自分に合っている方法を選ぶため、どの方法が最適なのかじっくり比較してください。自治体・リサイクルショップ・不用品回収業者とそれぞれのサービス内容・処分費用など比較することでより良い方法が選べます。また、自分のライフスタイルや状況に合っているかどうかも大切なポイントです。すぐに処分したいのなら回収日が決まっている自治体よりも業者に依頼したほうがスピーディーに処分できます。

5.不用品・廃品回収の業者選びのコツ

不用品回収業者の中にも悪徳業者と優良業者が存在しています。悪徳業者に引っかからないためにも、業者選びのポイントや流れなどチェックしてください。

5-1.プロに頼むメリット

不用品・廃品回収業者は、不用品の処分や扱いのプロです。どんな不用品でもすぐに処分でき、運搬も経験・豊富を積んだスタッフが担当します。そのため、よりスピーディーに対応できるのです。たとえ、大量の不用品でもすぐに家の中から運び出してくれるでしょう。さらに、買取をおこなっている業者は、再利用できるものとできないもののを適切に分別します。価値があるものは買取、価値のないものは不用品として処分できるのです。買い取ってもらえないと思っていたものでも、買取OKになる可能性はあります。1度、見積もりに出してみてはいかがでしょうか。

リサイクルレスキュー無料査定はこちら

5-2.業者選びのポイント

悪徳業者と優良業者の見極め方は、「許可証」です。不用品・廃品回収業を営んでいる業者は、「産業廃棄物運搬収集」という許可を取得しなければなりません。優良業者はホームページに許可番号を記載しています。記載がないところは100%悪徳業者といってもいいでしょう。また、「スタッフの対応」にも注目してください。スタッフの対応が悪いと「この人たちに依頼したくない」という気持ちが出てきますよね。気持ちよく不用品を処分することができません。きちんと処分してくれるか、迅速かつ丁寧な対応をしているかチェックしましょう。

5-3.業者に頼むときのコツ

複数の業者から見積もりを出してもらってください。できるだけ、費用を安く抑えるコツです。3社~4社の見積もりを比較することで、どこが最も安いのか、買い取ってもらえる不用品が多いのか把握できます。また、1つだけでなく複数の不用品がある場合はまとめて買取・回収に出しましょう。まとめたほうが処分費用を抑えることができます。

5-4.流れ

業者が決まったら無料査定をホームページまたは電話で申し込みます。無料査定の申込時、名前・住所・電話番号・買取希望の商品情報を伝えてください。予約した日にスタッフが自宅へやってきて、その場で査定をおこないます。査定額に納得しだい、搬出作業をおこない買取代金を業者からもらって完了です。回収の場合は、費用を搬出後に支払います。リサイクルレスキューでは、経験豊富な鑑定士とプロのスタッフによる搬出作業をおこなうので、スピーディーに処分できるでしょう。

リサイクルレスキュー

5-5.料金

買取料金は品物の状態や種類によって異なります。大まかな査定額が知りたい場合、業者に尋ねてみてください。業者に依頼する場合の処分費用は、およそ3,000円~7,000円です。量が多いほど費用が高くなります。ただし、業者の中には買取価格が高く、処分費用も安く抑えているところがあるので安心してください。まずは、無料査定を利用して費用を比較しましょう。

6.不用品処分にかんしてよくある質問

不用品処分にかんしてよくある質問を5つピックアップしてみました。不用品の処分を考えている方は、ぜひチェックしてください。

6-1.買取できない不用品とは?

壊れているもの、使えないものは買取NGです。ただし、リサイクルレスキューでは金・プラチナなどのアクセサリーは壊れていても買取してくれます。

6-2.ベッドやソファーなど大型家具も回収してもらえるのか?

もちろん大型家具も不用品回収業者は回収しています。搬出時に傷がつかないか不安を持っている方は、「補償」がある業者を選びましょう。傷がついても補償があれば、トラブルになることもありません。

6-3.不用品回収無料は信用してもいいのか?

不用品回収無料の理由が明確になっていれば信用していいでしょう。なぜ無料になるのか、丁寧に答える業者なら安心して依頼できます。

6-4.家電リサイクル法対象品目も回収してもらえるのか?

テレビ・冷蔵庫(冷凍庫)・エアコン・洗濯機(衣類乾燥機)といった家電リサイクル法対象品目も業者なら回収可能です。自治体で処分できない品目は、業者に依頼したほうがスムーズに処分できます。

6-5.出張買取以外にどんな買取方法があるのか?

リサイクルレスキューでは、出張買取以外にも「持ち込み買取」をおこなっています。近くにお住まいの方は、直接お店に持ち運ぶことですぐに処分・買取ができるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?廃品回収車は見つけしだいすぐに処分でき、「無料」という言葉に惑わされてしまうでしょう。しかし、トラブルが増加していることもあり、廃品回収車の利用は危険です。不用品を処分するなら廃品回収車ではなく、許可を得ている不用品回収業者に依頼してください。24時間365日対応の業者はすぐに処分・買取をしてくれます。使えるものは買取してもらえるため、処分費用を抑えることもできるでしょう。不用品処分に必要な知識を得て、正しく処分してくださいね。