【必見】ファックスの捨て方を知りたい? 処分で注意するポイント!


ファックスの捨て方について理解している人は、少ないはずです。ファックスは精密機械のひとつなので、どのように処分したらいいか迷ってしまいますからね。不燃ごみで出すべきものか、粗大ごみ扱いになるのかわかりにくいのも事実です。そこで、今回は、ファックスの捨て方についてあらゆる方法を詳しく解説することにします。ごみとして処分するほかにも、リサイクルする道があることも知っておきましょう。リサイクルできるのなら、不用になったファックスも資源の再利用に貢献できますよ。

  1. ファックスを捨てたい・廃棄したい・処分したい
  2. ファックスの捨て方:自分で捨てる場合
  3. ファックスの捨て方:販売業者の下取りによる場合
  4. ファックスの捨て方:リサイクルする場合
  5. ファックスの捨て方:回収業者に依頼する場合
  6. ファックスの捨て方でよくある質問に回答

記事を読んだ人は、ファックスの処分について適切な方法を選ぶことができます。自分にとって都合のいい捨て方は、人によって異なるものです。最適な方法で処分するためにも、どんな方法があるのか、また、それぞれのメリットやデメリットの内容を理解することが大切と言えます。まずは、最後までじっくりと読んでみてくださいね。

1.ファックスを捨てたい・廃棄したい・処分したい

ファックスを捨てたいと思うタイミングは、主にいつでしょうか。また、ファックスは粗大ごみ扱いでいいのかについても説明します。

1-1.ファックスの寿命について

ファックスも機械ですから寿命があります。国税庁が認めている耐用年数は5年となっていることからも、購入から5年以上経過したファックスは寿命と考えましょう。寿命を過ぎたファックスは、いつ壊れるかわかりません。また、いきなり調子が悪くなって使いものにならなくなることもあります。それに、ファックスは電話機と兼用になっていることが多いです。不都合を起こす前に、寿命が来たファックスについては処分したり買い換えを検討したりしてください。

1-2.ファックスは粗大ごみに出して問題無い?

ファックスは、自治体によってごみの種類が変わります。また、大きさによっても不燃ごみではなく粗大ごみ扱いとなることもあるので注意してください。まずは、住んでいる自治体での規定を調べてみましょう。なお、安易にごみとして捨ててしまうことはおすすめしません。ファックスにも、貴重な資源が使ってあります。ごみとして処分するだけでなく、リサイクルする方法も考えてみてくださいね。

2.ファックスの捨て方:自分で捨てる場合

ファックスの捨て方で、自分で捨てる場合について解説します。メリットやデメリットについても理解しておきましょう。

2-1.自治体回収の場合

ファックスは、自治体回収の場合だと不燃ごみもしくは粗大ごみとなります。不燃ごみの場合は、指定の曜日・時間に集荷場所に運んでください。粗大ごみの場合は、自治体の指示に従って粗大ごみリサイクル券を貼り付けた状態で指定日時・集荷場所に運びましょう。いずれの場合も、自治体の回収車がやってきてファックスを回収してくれます。なお、ファックスが不燃ごみで出すか粗大ごみとして扱うべきかについては、自治体の指示に従ってくださいね。

2-2.自分で捨てるときにやるべきこと

自分でファックスを捨てるには、運ぶ作業が必要になります。ファックスでも、大きくて重たいものになると自分で運ぶだけでも大変です。たとえば、台車があると楽に運ぶことができますよ。なお、粗大ごみで出す場合は、事前に自治体に申し込みをすることが必要です。粗大ごみ受付窓口まで連絡をして回収日時や集荷場所の指示を受けてくださいね。

2-3.ファックスを自分で捨てる場合のメリットとデメリット

ファックスを自分で捨てる場合のメリットとデメリットについて、詳しく確認しましょう。それぞれ説明します。

2-3-1.メリット

  • 気楽に処分できる
  • 廃棄費用が安く済む

特に忙しい人や処分を急いでいない人は、自分で捨てることも考えてみる価値はあります。

2-3-2.デメリット

  • 集荷場所まで自分で運ぶ必要がある
  • 集荷日時を指定することができない
  • ごみとして処分した場合は資源のリサイクルができない

自分で捨てる場合は、デメリットを理解しておくことが大切です。

3.ファックスの捨て方:販売業者の下取りによる場合

ファックスを捨てるためには、販売業者の下取りを利用する方法もあります。具体的な方法や手数料・メリットやデメリットについて解説しましょう。

3-1.販売業者の下取りを学ぼう

ファックスの販売業者では、新規購入を促すために不用になったファックスの下取りサービスを行っていることがあります。ほかの業者との差別化を図っている意味もあるでしょう。なお、販売業者では下取りをした金額をそのまま新規購入のときの値引きとして扱います。下取り条件にかんしては業者によって大きく異なるため、自分が持っているものが下取り可能なのか問い合わせてください。

3-2.通販業者の場合の下取り

ファックスの下取りを行っている通販業者は、多くありません。通販業者は、さまざまな手間を削減することで新規購入時の価格を下げているものです。そのため、下取りサービスを行わない業者も多くなっています。しかし、通販業者からファックスの新規購入を考えているのなら、業者が下取りサービスを行っているのか調べてみましょう。通販業者でも、キャンペーンなどで不用になったファックスの下取りをしていることがありますからね。

3-3.ファックスの下取りに必要な手数料

販売業者の下取りでファックスを処分する場合は、手数料が無料の場合がほとんどとなります。もしくは、新規購入を条件に数千円程度のキャッシュバックとなるはずです。そのため、販売業者の下取りで不用になったファックスを処分するときには、手数料については心配する必要はありません。

3-4.販売業者の下取りを利用するときのメリットとデメリット

それでは、販売業者の下取りを利用することにかんするメリットやデメリットについて、それぞれ説明しますね。

3-4-1.メリット

  • 新規ファックス購入と同時に不用になったファックスを処分できる
  • 下取りを利用する場合は無料もしくは実質的な値引きとなる
  • 販売業者に依頼するので安心

ファックスを新規購入する人は、販売業者の下取りも便利です。

3-4-2.デメリット

  • 不用になったファックスだけを処分できない(新規購入の必要がある)
  • 下取り対象機種やメーカーを限定している場合がある
  • ファックス引き取りの日時を指定できない場合がある

販売業者の下取りは、あくまでも新規購入者向けのサービスのひとつです。融通が利かない点については理解しておきましょう。

4.ファックスの捨て方:リサイクルする場合

不用になったファックスは、リサイクルも検討してください。ここでは、どんな条件のファックスがリサイクルに向くかを解説します。

4-1.リサイクルできるファックスとは

リサイクルできるファックスの条件については、下記を参考にしてください。

  • 有名・人気メーカーのファックスであること
  • 完全に動作するもの(特にファックス機能に支障が無いもの)
  • 外観に目立った破損や汚れが無いもの
  • 付属品が揃(そろ)っているもの
  • 製造年月日が比較的新しいもの

リサイクルショップでは、基本的に中古品としてのリセールを目的に買い取りをしています。従って、ファックスとしての商品価値が無いと判断したものはリサイクル品として売ることができないので注意しましょう。

4-2.リサイクルショップに売る方法について

リサイクルショップに不用なファックスを売る流れについては、下記をご覧ください。

  1. リサイクルショップにファックスを持ち込んで査定を受ける
  2. 買い取り可能となった場合で条件に納得すれば取り引きが成立する
  3. 依頼者がリサイクルショップから買い取り代金を受け取って完了する

なお、メリットとデメリットについては下記のとおりとなります。

  • メリット:不用なファックスがお金になる・資源のリサイクルに有効
  • デメリット:ファックスの状態によっては買い取り不可・処分だけでは依頼できない

リサイクルショップに不用なファックスの買い取り依頼をするときには、上記内容を参考にしてくださいね。

4-3.インターネットを利用してリセールする方法

不用になったファックスは、インターネットを利用してリセールする方法もあります。主に、インターネットオークションですね。流れについては、下記をご覧ください。

  1. 不用になったファックスを詳細情報とともにオークションサイトにアップする
  2. 落札希望者が落札希望金額にて入札する
  3. 出品者と落札希望者の合意で取り引きが成立する(落札希望者が実際の落札者となる)
  4. 落札者から出品者へ代金の支払いを行う
  5. 出品者は落札者にファックスを送付する

なお、メリットとデメリットについては下記を参考にしてください。

  • メリット:高値での取り引きが成立することがある・本当にほしい人に渡すことができる
  • デメリット:個人でのやり取りのためトラブルが多い・取り引きが成立しないこともある

インターネットオークションの利用は、初心者にはハードルが高いのも事実です。何度か過去に取り引きをしたことがある人におすすめの方法と言えます。

5.ファックスの捨て方:回収業者に依頼する場合

不用になったファックスは、回収業者に依頼することも検討してください。具体的な方法や料金、メリット・デメリットについて解説します。

5-1.業者による回収方法とは

業者にファックスの回収を依頼するときには、最初に電話やインターネットの連絡フォームから連絡を入れることになります。なお、手続きの流れについては、以下をご覧ください。

  1. 業者は依頼者からの連絡で見積もりを送付する
  2. 見積もりの内容に問題が無い場合は正式に契約する
  3. 回収料金の支払いを行う(回収後に支払うこともある)
  4. 指定日時・場所に業者が回収のためにやってくる
  5. 不用になったファックスを回収して完了する

なお、見積もりの段階で不明な点があるときは必ず確認をしてクリアにしておきましょう。業者から説明を受けても納得できない場合は、ほかを当たってみることも大切ですよ。

5-2.回収業者を利用するときの料金

ファックスの回収を業者に依頼するときの料金は、1台につき数千円が相場となります。指定場所・日時に回収してもらえることを考えれば妥当と考えてください。ただし、ファックス以外にも不要品があって回収を希望する場合は、パック料金として1万円台からのプランを選択した方がお得になることもあります。詳しくは、業者に相談してみてください。いい業者は、最適なプランを提案してくれますよ。

5-3.ファックスの処分で回収業者を利用するメリットとデメリット

ファックスの処分で回収業者を利用することについて、メリットとデメリットそれぞれを解説します。

5-3-1.メリット

  • 好きな日時・場所に回収を依頼できる
  • 自分で集荷場所に運ぶ労力が必要無い
  • 壊れたファックスでも回収してもらえる

回収業者を利用するメリットは、多くあります。ほかの方法よりも確実に時間と労力の節約になりますから、積極的に検討してください。

5-3-2.デメリット

ファックスの処分のために回収業者を利用する場合でも、デメリットはあります。たとえば、回収費用が掛かることですね。無料回収を行っている業者も存在しますが、信用性の点で疑問が残るのも否定できません。また、回収業者であっても夜間や土日祝日の回収が不可なところも存在します。回収業者に依頼するには、業者の選び方が重要であると言えるでしょう。

5-4.パソコンと同梱(どうこん)で無料処分してくれるサービスについて

ファックス単体での回収は、割高になってしまうことも多いです。回収業者を利用したいけど、割高な料金を支払うことに戸惑いがある人もいるでしょう。そこで、パソコンと同梱(どうこん)することによって無料処分してくれる業者を利用することをおすすめします。不用になったパソコンがある人は、この機会に同時処分をしましょう。

5-5.業者選びのポイントをチェックしよう

ファックスの回収業者を選ぶときのポイントは、以下を参考にしてください。

  • ファックスの回収を取り扱っていること
  • 回収料金が良心的な設定であること
  • 希望の日時・場所の回収が可能であること
  • 対応が親切で利用者の評判が良いこと
  • 古物商許可や産業廃棄物収集運搬許可を受けていること
  • データ消去サービスを行っていること

優良な業者を選ぶことで、ファックスの処分にかんする満足度も上がります。なお、業者選びの際には、下記もご覧くださいね。

リサイクルレスキュー

5-6.無料回収業者についての注意点

最近は、街中を営業車で回りながら不用品の無料回収を宣伝している業者が増えています。一見して便利なように見えても、注意が必要です。たとえば、無料回収のはずだったのに見積もりだけが無料で回収は有料ということもあります。回収してほしくないものまで強引に回収しようとする業者も多いです。営業車で回っている業者がすべてとは言いませんが気を付けてください。中には、古物商許可や産業廃棄物収集運搬無許可などを受けずに不用品回収をしている業者も存在します。無許可の業者に渡ったファックスは、不法廃棄となる可能性もあるので契約しないでくださいね。

6.ファックスの捨て方でよくある質問に回答

最後に、ファックスの捨て方にかんするよくある質問に回答します。実際に捨てるときに疑問を抱きがちな点について確認しておきましょう。

6-1.自治体が粗大ごみとして回収したファックスはそのまま廃棄となるのでしょうか?

粗大ごみとして回収した場合は、そのまま廃棄処分となります。従って、まだ使うことができる状態のものは粗大ごみとして出すことはおすすめしません。ファックスには、貴重な金属などリサイクルできる資源がたくさんあります。環境保護の点からも、リサイクルを重視した方法で処分してください。

6-2.ファックスの処分を回収業者に依頼する前に注意するべき点は?

ファックスの中には、電話番号・ファックス番号・個人名などの個人情報が残っています。処分するときには、必要な情報については書き写すなどの対応でバックアップを取った後に、初期化をしておきましょう。内部に個人情報が残ったままで処分すると、大切な情報が流出してしまう恐れがあります。もしも、自分でデータ消去ができない場合は、業者に相談してみてください。業者の中には、ファックスに残っているデータを消去するサービスを扱っていることもあります。なお、データ消去サービスはオプション料金が掛かることを理解しておきましょう。

6-3.複数台のファックスを処分することも可能ですか?

今まで使用してきたファックスをまとめて処分することも、当然可能です。そのときは、回収業者に処分を依頼することをおすすめします。自治体での処分で粗大ごみとなった場合は、ファックス1台ごとに回収料金が掛かるため、割高になることが多いです。しかし、回収業者の場合は、1台ごとではなくまとめて運ぶプランで割安にすることができます。手間や時間を考えてもお得なので回収業者への依頼を考えましょう。

6-4.ファックスの処分では消耗品や付属品も同時に行うべきですか?

ファックスには、専門用紙やオプション品が付きものです。もしも、手元にある場合は同時処分をすることをおすすめします。たとえば、買い取りになった場合に査定金額がアップする可能性もあるからです。また、消耗品や付属品があることでファックスのリサイクル率が高まります。それに、消耗品や付属品だけを手元に残しておいても使いものにならないことも多いため、同時に処分する方がスッキリするはずです。

6-5.ひとたび回収になったファックスを買い戻すことはできますか?

たとえば、回収業者に処分を依頼した場合は、速やかに連絡をしてください。すでに処分をしている場合を除いて、手数料を支払うことで買い戻すことも可能なことがあります。しかし、必ず買い戻しができるとは限りません。皆さんが回収依頼をした直後に、ほかの人と業者の間で中古品としての取り引きが成立していることもあるからです。ファックスの処分をするのなら、手元に戻すことは基本的に無理だと認識してから進めましょう。

まとめ

古くなったファックスを処分する方法について、詳しくまとめましたがいかがでしょうか。ファックスは自治体の方針や大きさによって、不燃ごみや粗大ごみとして処分することも可能です。しかし、今は、貴重な資源をできるだけリサイクルする時代であることを思い出してください。まだ使うことができる状態のものは、積極的にリセールに回しましょう。また、故障しているものであっても適切に処分をすることで金属類などのリサイクルが可能です。なお、さまざまなメリットを考えると回収業者に依頼することがおすすめとなるので考えてみてくださいね。